わたしの歩き方~お散歩日記

今まで滞在した大好きな国での生活のこと、ワクワク旅するような生活をしたい☆~2021年11月~タイ・チェンマイ生活スタート。タイの日常を発信中🐘

【日帰り&レンタサイクルで巡るアユタヤ①】アユタヤでは自転車もおすすめ。乗らなくても・・・見ているだけでも可愛い象に興奮!

 

さわでぃちゃお🐘ソムタム娘です。

 

8月17日。

フアランポーン駅から日帰りで電車で行くアユタヤ遺跡巡りの旅。

今回は初めてレンタサイクルで周るプラン。

 

あまり参考にならないかもしれないけど・・・

この記事を読んで、なんとなーくアユタヤに行ってみたくなったかも!なんて思ってる人がいたら最高。

 

アユタヤの巡り方は人ぞれぞれ&自転車ならアレンジ自由自在♪

時系列に書いていくので、レンタサイクルで観光するときの少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

2022年8月・賑わいが戻ってきたフアランポーン駅の今

 

 

8時前のフアランポーン駅。(もうすぐで1日2回ある国歌が流れる時間)

 

この日バンコクは朝からお天気よし。観光するには最適。

 

先月からすでに電車では何度か訪れているアユタヤ。もう慣れたもの(うそ)

プロンポン駅からBTS~MRTと乗り換えてスムーズにいけばMRTのフアランポーン駅までは所用時間30分ほど。

 

アユタヤに行くときはいつも決まって8時20分出発の電車。

アユタヤ駅まではおよそ1時間半の旅。

 

行き方についてはこちらの記事をご参照ください。

www.watashinoarukikata-diary.com

 

先月の7月1日から、タイでは入国時に事前に申請必須だった「タイランドパス」を廃止。

ほぼ従来のようにタイに入国できるようになったようで・・・

それ以来海外からの観光客は徐々に増えてきているはず。

 

 

先月来たときよりも明らかに外国人の旅行客が増えている!

大きな荷物を持った人たちがとにかく多い。

これぞフアランポーン駅✨というこの賑わった雰囲気。

 

それに伴って呼び込みする人たちも全然今までと意気込みが違う(笑)

 

 

さてとりあえず切符も買ったことだし、電車が来るまではぶらぶらしよう。

 

 

駅前(表側)の道路を挟んですぐにあるセブンイレブン近くのドリンクスタンド。

ここのお姉さんは日本語が話せるのだ。

今回もしっかり日本語で「25バーツ」って。

 

朝の一杯は甘~いココア。

 

駅に戻るとき、ちょうど朝8時の国歌が流れてきた。

駅の中ではほぼ全員が起立して静止しているけど外では半々くらい。

 

戻るとちょうどよくノンカーイ行きの電車がホームに入ってきたところ。

 

座席は番号で決まっているし急いで乗り込むこともないんだけど、まぁやることもないのでのんびり座って出発するのを待ちましょう。

まだこんな感じだけど・・・

 

出発する時点では8割方席は埋まっていた。

やっぱり先月よりも明らかに増えている観光客。そしてアユタヤ駅で降りる人も多いはず。

 

ちょうど斜め向かいに座った若い2人組もきっと日本人。

 

 

出発してから随分たってから目の前に座っていた方に話しかけられて・・・なんと日本人だった(笑)

 

日本からお盆休みを利用して旅行に来ている人も自分が予想している以上に多いのかもしれない。

日本へ帰国時の検査&陰性証明書がネック。。なんて思ってたけど、温度感は人それぞれなんだなーと改めて思ったりした。

 

 

途中で反対側に座っていた人たちの座席にクッション部分がズレて下に落ちてしまった様子(笑)

ワタシたちが座って座席部分も・・・確かになんかズレるんだよね、危ない危ない。

三等席ですから~

 

 

出発が少し遅れたので到着も10分少々遅れてアユタヤ駅に到着。

駅を出る前に一応ここでトイレにも行っておこう。(利用料3バーツ)

 

 

 

便利なレンタサイクルを借りて遺跡巡り

 

 

さぁ今回3回目にして、やっとアユタヤでレンタサイクルを借りることに。

本当は先月初めて来たときに借りて周るつもりだったんだけど、結局徒歩で周ってしまったのだ。2回目も同様。

 

ネット情報ではレンタルショップは駅近くにも数軒、渡し船で向かう旧市街(島)側にも数軒ある様子。

 

 

1日(8時から18時まで)借りて50バーツ!/借り方

 

今回利用したショップはアユタヤ駅すぐ近く。

駅を出て道路を渡った船着き場へ向かう道の途中にあるお店。

 

あまり稼働していないと自転車がさび付いてるんじゃ・・・なんて心配したけど、そんな心配はご無用。

やっぱり今はかなり観光客も戻ってきているようで、朝の到着した10時頃はお店にわんさか観光客が押し寄せていたくらい。

 

借りる人数を伝えて代表者1人が用紙に「氏名・電話番号・パスポート番号」を記入する。前払制。

自転車と一緒にワイヤーの鍵も付いてくるのはありがたい。

地図も1枚くれて、現在地と旧市街(島の中)への行き方を簡単に教えてくれた。

 

返却時間は18時。日帰りで観光するには十分でしょう。

 

 

これで1日50バーツって破格だよね。だって日本円で200円くらい。

50バーツって言うからてっきりギアも付いていないママチャリレベルなのかと思ってたらそんなこともなかった(笑) (👈失礼w)

 

沖縄のサイサイサイクルだって12時間で1,000円だったからね。(電動自転車)

それを考えると円安な今でもかなりレンタサイクルはお得感を感じてしまう。

 

 

 

借りる前には自転車を最低限チェックするのをお忘れなく!

 

 

借りる前には自転車のチェックをお忘れなく。

タイヤに空気はバッチリ。ブレーキは少々効きが悪いかなー(音がすごい)と思ったけど支障は無さそう。ギアも付いているので坂道もラクチン。

 

ただ改めてGoogleマップの口コミを見ると・・・辛辣なコメントも💦

 

お店側に悪気がなくても不備はあったりするもの。

お互い嫌な思いをしないよう、借りる側もしっかりと事前にチェックはしておきたい。

特にタイヤの空気とブレーキの確認は必須!

沖縄でも実際に借りてから不備があった・・・なんてこともあったからね。

実際に乗って少し走ってみるのもいいかも。

 

せっかくの楽しい旅もこんなことでつまらないものになったら勿体ない。

 

 

 

場所

 

道路を挟んだ向い側にあるレンタルバイクのお店と系列店っぽい。

 

 

 

 

エレファントキャンプ・近くで見る象に興奮!

 

 

10時過ぎに自転車屋さんを出発。

一応プランとしては午前中は旧市街である島の中を観光。

お昼からは旧市街からまた駅側の方へ戻り東側方面を周る予定。

 

まずは大きな橋を超えて旧市街へ向かう。

 

旧市街の中の道路はほぼ全部(?)がしっかり自転車専用ラインが設けられていて快適には走ることができた。

 

ひとつ目の目的地へ向かう途中に通りかかった「エレファントキャンプ」。

遠目にも周辺の道路を象が歩いているのが見えてくる。

 

いっきに上がるテンション✨

 

だって自転車に乗ってて目の前から象が歩いて来るなんて・・・なかなかないシチュエーション。

さすがアユタヤ!

 

ここでは2012年に妹と一緒に初めて訪れたときにワタシも象に乗ったよね~。

辛うじて象と一緒の写真が数枚残ってる・・・

 

な~んて改めて見てたら、、、

あれ?

よくよく見ると背景とかが違う。。どうやらワタシが象に乗った場所はここではなかった(笑)

この後紹介する予定のまた別の場所で乗っていたことに今さらながら気が付いた。

あの時は車のツアーで色んなところに連れて行ってもらって、どこがどこだかまったく分かっていなかった。

 

ご夫婦が象に20バーツ渡してたのを目撃。

しっかり鼻の先でつまんで回収してる~。ちゃんと調教されてるんだね~。そりゃそうだ

 

 

 

最初は道路を挟んだ反対側から眺めてたけど。。

 

 

触れるんじゃないかという至近距離まで。 心の中ではかなり興奮。。

でも象をびっくりさせるといけないから冷静に冷静に・・・

 

暑いのかなぁパタパタしている耳が。。。これまたとっても薄っぺらい。

 

じーっと象の動きを観察。

ひとつひとつの仕草がもうなんとも可愛くて。いつまで見ていても飽きない。

 

 

あくび!! そしてこの顔。。💛

 

象は賢いっていうもんね。

ずーっと見てたらなんだか心が通じ合うんじゃないかという錯覚さえ・・・妄想

 

 

あっちから見たり。こっちから見たり。

後ろから見たり。

 

可愛いいなぁ。

 

 

いかんいかん。ここでこんなに時間を費やしてはこの後の予定に影響が出るので、名残惜しいけど先に進むことに。

 

 

向かうのは日本人にもお馴染みのあの遺跡。

 

 

つづく🐘

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます🐘

 

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

 


タイランキング