わたしの歩き方~お散歩日記

今まで滞在した大好きな国での生活のこと、旅をしながらの散歩日記等など発信中~現在は沖縄に滞在中♪

【沖縄】神の島・久高島でお散歩♪④祈りと・・島時間を感じる

こんにちは☆

ソムタム娘です(*^_^*)

 

今回でやっと最後になる、久高島散歩♪

フェリーの時間も迫っているので帰りも巻きでいくw

f:id:somutamu_musume3:20200318130408j:image
f:id:somutamu_musume3:20200318130431j:image

ロマンスロードやフボー御嶽。。。はまた次回w

今回帰りはメインの島を中央に走る道を通って。

f:id:somutamu_musume3:20200318130505j:image
f:id:somutamu_musume3:20200318130534j:image

 

本当はこっちの道にも見どころな場所が多数なんだよね・・

 

『ロマンスロード』とか。

f:id:somutamu_musume3:20200318130553j:image

 

『フボー御嶽』とか。

f:id:somutamu_musume3:20200318130629j:image

 

残念ながら今回はスルー。

ほんと次回はもっと早い時間のフェリーで来よう!

 

ススキかな?

なんだか本州で見るものよりもカーリーでカワイイ。

f:id:somutamu_musume3:20200318130646j:image

 

途中、牧場らしきものもあった。

f:id:somutamu_musume3:20200318130708j:image

 

久高島の集落

かなりの急ぎ足で来たから意外と時間に余裕あり♪

集落まで戻ってきたから一安心だ。
f:id:somutamu_musume3:20200318130732j:image

 せっかくだから少し集落の中を散策。

 

沖縄といえば、『石敢當』

f:id:somutamu_musume3:20200318130933j:image

沖縄で言い伝えられている魔物の総称『マジムン』

直進方向にしか道を進めないから、曲がることができないの。

だからT字路やY字路にぶつかるとそのまま家に入ってきちゃう!

それを防ぐのがこの『石敢當』

 

これを見ると砕け散ってしまうんだって・・・笑

カワイイ魔物だ。

 

至る所にある。。
f:id:somutamu_musume3:20200318130824j:image

 

風が抜けないために、こんな風な入り組んだ道の造りなんだとか。

f:id:somutamu_musume3:20200318130753j:image

f:id:somutamu_musume3:20200318130851j:image

 

あっ、道案内してくれたオジーはもう居ないや・・・

f:id:somutamu_musume3:20200318130914j:image

 集落の中にも見どころはいっぱいなんだけど、時間がなかったから少しだけ。

久高御殿庭(うどんみゃー)

久高島の祖先、百名白樽とその娘が島の繁栄を祈ったとされている場所であり、

イザイホー(成巫女式)という12年に一度行われていた島の伝統的な行事も行われていたんだとか。

f:id:somutamu_musume3:20200318131040j:image

しかし現在は、過疎化のため後継者不足で行われていないんだとか。

 

自分の田舎もそうだけど、どんどん若者は外に出ていってしまうよね。。

時代の流れなのか。
f:id:somutamu_musume3:20200318131016j:image

 

 

左側から、「イラブーの燻製小屋」「神アシャギ」「シラタル宮」

この前の広場でイザイホーが行われていたのかな。。。

 

ここも島の人たちにとってはとても神聖な場所なんだろう。

f:id:somutamu_musume3:20200318131119j:image

因みに、イラブー(ウミヘビね)は琉球王朝の時代から「ヌチグスイ」(命の薬)として宮廷料理にも使用されていたのだとか。

 

帰ってきてから色々調べてみた。

琉球王国時代において、久高島は最高の聖域とされていたそうだ。

そして、古くから『男は海人、女は神人』という諺が伝わっていた。

 

『イザイホー』という儀式。

この儀式を経て、すべての既婚女性は30歳になるとともに、『神女』に。

そしてその中でも最高位の『シャーマン』(祈祷師?)を琉球王朝は置いていたんだとか。

その呼び名は『ノロ』

久高島の巫女集団は『久高家』と『外間家』の2つからなっていて、それぞれに『ノロ』が居た。

f:id:somutamu_musume3:20200318131131j:image

久高島の伝統・・・調べれば調べるほど奥深いなぁ。。

 

ただこういう歴史って、国は違えど、どこの国にでも田舎に行くとあるような気がするな。

 

タイやアフリカにしても、まだまだこういう地域は日本よりはるかに多い気がする。

 

これまた島の人たちには大切な郵便局!

カワイイなぁ。

f:id:somutamu_musume3:20200318131237j:image

 

バイバイ、また来るね。
f:id:somutamu_musume3:20200318131206j:image

 

島を大切にする人たちの祈りの力・・・

神という存在を感じる久高島。

『祈り』というものにとても重きを置いている。

そもそも『祈り』って何だろう・・・

 

祈りとは感謝。

 

そんな言葉も調べていて見つけた。

その通りだなぁと思った。

 

島の人たちが持ち続けているそういう大切な気持ちが、

この島に宿る、力・・・パワーとかエネルギーなんだろうなぁと思った。
f:id:somutamu_musume3:20200318131220j:image

 次に久高島に行く時はさらに何か感じれるような気がする。

 

 

さー!そろそろ帰る時間だっ。

 

久高島にある数少ない食堂。
f:id:somutamu_musume3:20200318131312j:image

 

島の人たちの憩いの場かな?

公園もあった。

f:id:somutamu_musume3:20200318131408j:image


f:id:somutamu_musume3:20200318131350j:image

 

フェリー出発時間ギリギリまでまったり。。

f:id:somutamu_musume3:20200318131432j:image

 あ!

本来、島に到着してすぐに来るべきだった場所じゃないか・・・?
f:id:somutamu_musume3:20200318131456j:image

 

またすぐに来ることになりそうだな。
f:id:somutamu_musume3:20200318131523j:image

 

沖縄来る前にはぜひとも「ことりっぷ」を読んでおくことをオススメ!

読んでるだけでワクワク・・妄想トリップが出来て楽しみが二倍♪

 

沖縄3版 (ことりっぷ)

価格:880円
(2020/3/26 19:23時点)
感想(2件)

 

ここまで長々と、読んでいただきありがとうございます!

 

2020年3月